ハンギチャンが炎上して謝罪ってどう言うこと?真相は何?

Pocket

 

韓国初のBLドラマ「君の視線が止まる先に」に出演し大きな注目を集めているハンギチャン。

 

また、大人気オーデション番組「プロデュースX 101」に出演していたこともあり、じわじわと日本でも人気を集めています。

 

そんな注目の新人俳優ハンギチャンですが、検索すると「炎上」「謝罪」の文字が・・・。

 

一体彼に何があったのでしょうか?

 

今回は、ハンギチャンの炎上の真相と事の発端でもある「プロデュースX 101」の成績について紹介していきます。

ハンギチャンが炎上したって本当?

端正な顔立ちと抜群のスタイルで人気のあるハンギチャン。

実は、そんな彼に炎上事件があったようなのです。

詳しく紹介していきます。

炎上のきっかけとなったのは?

ハンギチャンが炎上することとなったきっかけは、彼の知名度を大きく上げた韓国の人気オーディション番組「プロデュースX 101」です。

2019年に放送され、101名の練習生たちが歌やダンスなどのパフォーマンスを見せ、「国民プロデューサー」と称される視聴者たちが投票し、最後に残った11人がグループを結成しデビューすると言うものです。

実際に上位練習生11人で結成された「X1」が、2019年8月にデビューしています。

後ほど詳しくハンギチャンの「プロデュースX 101」での成績について紹介していきますね。

プロデュースX101での発言?態度?

 

ハンギチャンは、モデル出身とだけありスタイルもよく整ったルックスで、パフォーマンスを見せる前の第一回目の投票では16位と言う好成績を残していました。

しかし、練習期間が10ヶ月と短めであり、お世辞にもダンスや歌がうまいとは言えず、パフォーマンスの評価によってA、B、C、D、Xに分けられるクラス分けでは、一番評価の低いXクラスに。

そんな中でハンギチャンが、「センターをやりたい」や「ここのパートを担当したい」と言っているシーンが放送され、「実力がないのにわがまま言って、チームを困らせるな」との声が上がってしまったようです。

謝罪動画はあるの?

炎上を受けてハンギチャンは、X復活戦(敗者復活戦)での挨拶で謝罪をしています。

自分の実力に比べて過剰な欲を出した。不快な思いをさせ、失望させてしまった。軽率な行動と発言について深く反省していると述べました。

このX復活戦では、抱負を話す練習生が多い中ひとり謝罪の言葉を述べていたハンギチャン。

確かに実力不足だったことは否めませんが、アピールするばで謝罪をしなければいけないほど追い詰められてしまったのでしょう。

今見ても切なくなりますね。

みんなの反応は?

ミスしたところや愚痴を言っているところ、泣いているシーンばかりが放送され、あまりパフォーマンスシーンが流れなかったため悪編だったと言う声も。

日本の国民プロデューサーの間ではそれほど炎上せず、むしろ彼に同情する声が多かったようです。

ちなみに最後はCクラスまで上がっているので、彼が実際にどれだけ努力したか分かるのではないでしょうか。

ハンギチャンのプロデュースX101での最終順位は?

ハンギチャンのプロデュースX101での最終順位は、57位でした。

第1回では33位でしたので、かなり順位が下がっての終了となってしまったようですね。

脱落したのはいつ?

ハンギチャンが脱落したのは、第8回放送で行われた第2回順位発表式の時です。

第2回順位発表式では31位以下が脱落になりますが、ハンギチャンは57位と言う結果でしたので脱落してしまいました。

歌っている動画はある?

単独でパフォーマンスしているものから、グループでのパフォーマンス動画もありましたので、ぜひご覧ください。

ハンギチャンへの口コミをチェック

ハンギチャンはアイドルとしてではなく他のところで活躍できるはずと言う声が多かったようですね。

その通りに現在では俳優として注目され始めていますし!

ハンギチャンが所属する芸能事務所が過去にPRODUCE101 シーズン2で最終順位5位になり、Wanna Oneのメンバーになったオン・ソンウと同じ事務所なので、当初から彼と比べられ、重荷も期待も大きかったでしょうね。

プロデュースX101では脱落してしまっても、ずっと応援していく!と言う暖かいコメントが多くあり、安心しましたね。

まとめ

今回は、ハンギチャンの炎上の真相と事の発端でもある「プロデュースX 101」の成績について紹介していきました。

プロデュースX101では、思うような結果を出せず炎上もしてしまいましたが、現在は違うジャンルで羽ばたいていますね。

俳優としてさらにいろんな姿のハンギチャンが見れることを期待しながら、温かく見守りましょう。

コメントを残す

error: Content is protected !!