capcutキラキラ・ぼかし・スローなどエフェクトのやり方は?トランジション長さを変更するには?

Pocket

この記事では、capcutキラキラ・ぼかし・スローなどエフェクトのやり方は?トランジション長さを変更するには?について紹介していきます。

CapCutを使えば、動画にBGMや効果音を入れたり、文字を入れたり、静止画だけを並べて動画にすることもできます。

基本的な編集機能にしっかり対応していて、使い勝手も良く初心者にも使いやすいアプリです。

今回は、capcut キラキラ・ぼかしに注目していきます。

capcutキラキラ・ぼかし・スローなどエフェクトのやり方は?トランジション長さを変更するには?について知りたい方は、お見逃しなく!

PCでの操作方法はこちらから>>

capcutエフェクトのやり方?その1

 

capcutエフェクトのやり方を見ていきます。

capcutエフェクト~キラキラのやり方~

CapCutでエフェクト編集することでキラキラにすることができます。


参考元https://laurier.excite.co.jp/i/Apptopi_224793

TikTokで流行っているキラキラエフェクトがあります。

 

輝くスターを選択して見て下さい!


参考元https://marry-xoxo.com/articles/16038

動画もありましたので、参考にしてください。

 

capcutエフェクト~ぼかしのやり方~

ビデオのすべてのコンテンツをぼかしたい場合は、CapCutでできます。

ビデオ全体をぼかすと、ビデオの再生時間を通してビデオのすべての部分とオブジェクトに影響を与えることに注意してください。

これを行うには、iOS または Android で CapCut アプリを開き、アプリのホーム画面で [新しいプロジェクト]オプションをタップします。

動画がありましたので、参考にしてみて下さい。

 

 capcutエフェクト~スローのやり方~

倍速・スローモーションの方法を紹介していきます。

 


参考元https://yupi-yupi-blog.com/capcut-syosinsyamuke/#toc4

 

倍速・スローモーションにしたい部分を「分割」して選択します。

矢印でしめした「速度」と書かれているアイコンをタップすると動画のスピードを変更することができます。

 


参考元https://yupi-yupi-blog.com/capcut-syosinsyamuke/#toc4

 

赤い〇で囲んだ左の「普通」と書かれた部分をタップします。

右の「曲線」は動画を徐々に早くしたりといった編集ができます。


参考元https://yupi-yupi-blog.com/capcut-syosinsyamuke/#toc4

1xより左に動かすと「スローモーション」になります。

2x,5xなどにすると倍速などの早送りにすることができます。


参考元https://yupi-yupi-blog.com/capcut-syosinsyamuke/#toc4

変更できたら画面右下の「✓」をタップしてください。

 

capcutエフェクト~猫耳のやり方~

現在調査中です。

分かり次第記載していきます。

 capcutエフェクトのやり方?その2

capcutエフェクトのやり方に迫っていきます。

 

 capcutエフェクト~ループ再生(バウンス)のやり方~

現在調査中です。

分かり次第記載していきます。

ループ再生とは、動画を繰り返し再生する機能です。

また、動きを巻き戻したり進めたりするバウンスという機能。

やり方としては、再生し続けたい部分だけカットして、その動画の後に繋げれるということだそうです。

 

capcutエフェクト~顔隠しのやり方~

顔かくし、モザイクの場合は、動画もありましたので、参考にしてみて下さい。

 

 capcutエフェクト~消しゴムのやり方~

消しゴムについては、現在調査中です。

分かり次第記載していきます。

ロゴについては、アプリ内で消すことが出来ます。


参考元https://app-story.net/capcat-logo-delete/

 

CapCutで対象となる動画を選択し、次に編集画面の最後のトラックにあるロゴ部分を選択し、右下の削除をタップしましょう。


参考元https://app-story.net/capcat-logo-delete/

動画内からロゴが消えるのでとても簡単です。

スマホの動画編集機能で消すこともできます。

iPhoneやAndroidのスマホなどに標準でインストールされている動画編集アプリを使いましょう。

iPhoneの場合は、写真のアプリを起動したら、まず対象となる動画を選びます。その後、編集ボタンをタップします。


参考元https://app-story.net/capcat-logo-delete/

次に画面下の黄色い枠でロゴ以外を選択し、右下のチェックボタンをタップして決定します。操作は以上で完了です。

 

参考元https://app-story.net/capcat-logo-delete/

 

capcutエフェクト~黒背景のやり方~

capcutエフェクト~黒背景にするには、

 

トランジション長さを変更するには?

トランジション長さを変更の仕方を見ていきます。

 

トランジションとは?

トランジションについて紹介していきます。

1本の動画は、編集によってつなげられた複数のカットで構成され、そのカットとカットの間を繋ぐために挟まれる効果(エフェクト)が、トランジションです。

英語では「遷移」「移行」といった意味がありますが、前のカットから後ろのカットへと映像が遷移する際のつなぎ目をスムーズに、あるいは印象的に見せてくれる効果があります。

もちろん、あえてトランジションを差し込まずにカットとカットをつなぐ場合もあります。

トランジションには多種多様なエフェクトがあり、それぞれに特徴や効果が異なります。

各トランジションは映像編集ツールで簡単に差し込むことが可能です。

 

参考元https://video-b.com/blog/video-production/video-transition/

 

トランジション長さを変更するには?短くできる?

トランジションの長さを長くするには、一度保存して、一つの動画とし、それを再度読み込んで、カットして、加工することでできようです。

トランジションの設定できる長さは、0.1s~3.1sとなっています。

トランジションの設定方法には複数の動画があることが前提です。

動画A、動画Bと複数の動画があり、動画Aと動画Bの間に設定する動画こそがトランジションだからです。

トランジションのやり方

動画と動画の間の白いアイコンをタップ


参考元https://japanese-photographer.com/information_technology/capcut-transition/

Capcutで利用可能なトランジションが表示されます。


参考元https://japanese-photographer.com/information_technology/capcut-transition/

適用したいトランジションが見つかったら、右下のチェックをタップすればトランジションが適用されます。


参考元https://japanese-photographer.com/information_technology/capcut-transition/

 

 まとめ

capcutキラキラ・ぼかし・スローなどエフェクトのやり方は?トランジション長さを変更するには?について紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

Capcutは、初心者からはじめて、どんどん腕を上げ、プロ顔負けの仕上がりの動画を披露している方もいますね。

ぜひ、皆さんもCapcut を試してみて下さい!

 

error: Content is protected !!