capcutの文字入れを透明にする方法は?縦書きや手書き・文字の動かし方を紹介!

Pocket

この記事では、capcutの文字入れを透明にする方法は?縦書きや手書き・文字の動かし方を紹介!について紹介していきます。

CapCutとは. CapCut(キャップカット)は、Bytedance株式会社(バイトダンス)が提供する動画編集アプリです。

CapCutを使えば、動画にBGMや効果音を入れたり、文字を入れたり、静止画だけを並べて動画にすることもできます。

基本的な編集機能にしっかり対応していて、使い勝手も良く初心者にも使いやすいアプリです。

今回は、capcut の文字を透明にする方法に注目していきます。

capcutの文字入れを透明にする方法は?縦書きや手書き・文字の動かし方を紹介!について知りたい方は、お見逃しなく!

DVDへの保存方法はこちらから>>

capcutの文字入れを透明にする方法は?

capcutの文字入れを透明にする方法について紹介していきます。

まずは、文字を入れていきます。

もう一つの方法は、

「テキスト」をタップ

「テキストを追加」をタップ

③文字を入力

④文字の位置・大きさ、スタイルの調整

⑤エフェクト中が透明の物に変更します。

    の通りです。

    ④画面の、どの部分に表示したいかの位置や、文字の大きさ、スタイルを調整していきます。

     

    詳しくは、動画をご覧下さい!

     

    capcutの文字入れを縦書きにする方法は?

    テキストを入力 「スタイル」の中の「パレット」を選択 縦三本線のいずれかを選択 以上で、文字を縦書きにすることができます。

    CapCutで日本語を縦文字で入れる方法 CapCutで二通りあります。

    もう一つの方法は、

    ① テキスト入力時に1文字1文字、改行を行う

    ② テキストテンプレートを活用

      の通りです。

       

      まず、最初の方法から説明していきます。


      参考元https://vlog-magazine.jp/capcut-vertical/

      上記のように

      もう一つの方法は、

      ① 「テキストを追加」をクリック

      ② 文字を入力

      ③一文字ずつ改行する

        と縦書きに文字が入力できます。

         


        参考元https://vlog-magazine.jp/capcut-vertical/

        もう一つの方法は、

        ① 「テキストテンプレート」をクリック

        ② 縦書きテンプレを選択

        ③文字を入力

          の通りです。

           

          CapCutで英語を縦文字で入れる二つの方法

          • 縦のまま表記する
          • 横向きのまま縦表記にする

           


          参考元https://vlog-magazine.jp/capcut-vertical/

           

          縦のまま表記したい場合は、先ほどの方法で対応します。

          また、横向きのまま縦表記にする方法は、別の方法を取ります。

           


          参考元https://vlog-magazine.jp/capcut-vertical/

          やり方は、通常と同じように横書きで文字を入力した後、文字素材自体を90度回転させると、横向きのまま縦表記させることが可能になります。

           

          capcutの文字入れを手書きにする方法は?

          文字のスタイルやエフェクトを変更することで手書きの文字入れが可能になります。

          フォントで手書きを選択します。

          スタイルで変更するためには

          • 文字のフォント変更
          • 色文字
          • 文字サイズの変更

          を使います。


          参考元https://neet-blog-happily.com/capcut-mojiire/

          「T」部分を変えることで文字の色の変更を細かく設定できます。

          参考元https://neet-blog-happily.com/capcut-mojiire/

           

          capcutの文字を動かす方法は?

          キャップカット(CapCut)で文字を動かすには2つの方法があります。

          ①アニメーションを使う
          ②キーフレームを使う

          アニメーション使用した場合は、

          ① プロジェクトを新規作成モ

          ② スマホから映像・画像を指定

          ③メニューバーから「テキスト」をタップ

          ④「テキストを追加」をタップ

          ⑤文字を入力

          ⑥「アニメーション」を選択

          ⑦「フェードイン」「フェードアウト」「ループ」の種類わけされた文字の動きから選択

          ⑧文字の動きのスピードを調整

          ⑨動画に文字を表示するタイミングや長さの調整

            の通りです。

            文字を動かす「アニメーション」を選択


            参考元https://cinematic-vlog.com/app-capcut-moji-ugokasu/

             

            文字に効果を与える選択肢に「スタイル」「エフェクト」「吹き出し」「アニメーション」がありますが、文字を動かす場合は「アニメーション」をタップする。

            また、「スタイル」「エフェクト」「吹き出し」で色や効果をつけた文字にも「アニメーション」で文字に動きを追加することができます。

             

            文字の動きを選ぶ


            参考元https://cinematic-vlog.com/app-capcut-moji-ugokasu/

            「フェードイン」「フェードアウト」「ループ」の3つのタイプの文字の動きから、好みに合わせて選択します。

            「フェードイン」と「フェードアウト」は文字の動きを両方とも追加することも可能です。

            文字の動きのスピードを調整


            参考元https://cinematic-vlog.com/app-capcut-moji-ugokasu/

            「フェードイン」「フェードアウト」「ループ」のいずれかのアニメーションを選択していると、文字を動かく時間の長さ(動きの速さ)を調整することが可能になります。

             

            画像は「フェードイン」と「フェードアウト」の2つのアニメーションを追加したものです。長さは両方とも1.0s(1秒)に設定しています。

             

            「ループ」のアニメーションを選択した場合も、文字の動きの速い・遅いを調整バーで変更できます。

             

            決まったら「✓」(チェック)をタップすると動画の編集画面に戻ります。

             

            動画に文字を表示するタイミングや長さの調整


            参考元https://cinematic-vlog.com/app-capcut-moji-ugokasu/

            編集のメイン画面で映像に(タイムラインに)動く文字が追加され、画像では「フェードイン」と「フェードアウト」のある文字のアニメーションを追加しています。

             

            編集のメイン画面で文字を選択状態にすると、文字を追加で編集することが可能です。
            (文字を選択状態にするには、タイムラインの文字をタップするか、画面上部の映像の文字の部分をタップすると選択状態になります。)

            編集内容を解説すると

            ①タップして横にずらすと、文字を表示する開始時間を変更できます。

            ②タップして横にずらすと、文字を表示する終了時間を変更できます。
            (①と②を調整することで、文字の表示の開始時間、終了時間、表示する時間の長さを変えることができます)

            ③追加した文字(アニメーション)を削除できます。

            ④追加した文字(アニメーション)をコピー(複製)することができます。

            同じアニメーションの文字を複数追加したい場合などは、コピーして入力した文字の内容を変更する方が作業効率が良いです。

             

            ⑤テキストの編集です。入力内容だけでなく「スタイル」「エフェクト」「吹き出し」「アニメーション」の全てが変更可能です。

             

            ⑥文字の角度を傾けたり、文字の大きさを拡大縮小できます。

            メイン画面のテキストの部分を2本指でタップすることでも同じように文字の回転や大きさの変更が可能です。

             

            また、メイン画面のテキストの部分をタップしてずらすと、文字の表示位置を移動することが可能です。

             

            キャップカットで文字を動かす方法(キーフレーム)

            動画がありましたので、参考にしてください。

            工程は

            ① プロジェクトを新規作成モ

            ② スマホから映像・画像を指定

            ③メニューバーから「テキスト」をタップ

            ④「テキストを追加」をタップ

            ⑤文字を入力

            ⑥「スタイル」「エフェクト」「吹き出し」「アニメーション」などで、文字に効果を加えたり装飾する

            ⑦動画に文字を表示するタイミングや長さを調整し、文字の動きの始点と終点にキーフレームを追加します。

            ⑧始点と終点のキーフレームに、文字のスタートの位置と終わりの位置にそれぞれ動かします。

            となります。

            参考元https://cinematic-vlog.com/app-capcut-moji-ugokasu/

             

            capcutのフォントを追加する方法は?

             

            動画がありましたので、参考になさってください。

            CapCutに好きなフォントを追加することはできないということのようです。

             

            capcut 文字の入れ方あれこれ

            capcut 文字の入れ方あれこれについて見ていきます。

            モザイクを入れる方法は?

            モザイクを入れる方法について紹介していきます。

            工程としては、

            ① モザイクをかけたい動画の上に全く同じ動画を重ねる

            ② 最初の編集画面に戻って【エフェクト→モザイク】を選択

            ③モザイクの設定で【オブジェクト→はめ込み合成】を選択

            ④重ねた方の動画の設定で【マスク】を選択

            ⑤【サークル】を選択し大きさや位置を設定する

            となります。

            1. モザイクをかけたい動画の上に全く同じ動画を重ねる

            モザイクをかけたい動画の上に全く同じ動画を重ねて位置をぴったり合わせましょう。ここでは「はめ込み合成」というツールを使います。

            「はめ込み合成」をタップして、カメラロールから素材(全く同じ動画)を選んだら、下の画像のように元の号がよりも少し小さく重なります。

            ここで上から重ねる動画の大きさを調節し、下の動画とぴったり重なるようにしましょう。

            2. 最初の編集画面に戻って「エフェクト→モザイク」を選択

            上下の動画をぴったり重ねられたら、いったん最初の編集画面に戻ります(画面左にある「<」をタップすれば簡単に戻ります)。

             

            最初の編集画面に戻ったら、画面下のツールバーから「エフェクト」を選択します。

            エフェクトから「モザイク」を選択します。

            「モザイク」をタップしても、モザイクがかからない状態です。


            参考元https://view.cafe/snsmovielabo/55704

            下の動画(メインの動画)にモザイクがかかっている状態で、上から動画が重なっているので見えなくなっています。

             

            ここから、はめ込み合成で追加した上の動画にモザイクがかかるよう設定します。

             

            3. モザイクの設定で「オブジェクト→はめ込み合成」を選択

            「モザイク」をタップして選択状態にし、画面下に表示されるツールバーの「オブジェクト」を選択。

            オブジェクトを設定したら、「はめ込み動画」をタップしましょう。

             


            参考元https://view.cafe/snsmovielabo/55704

             

            モザイクが必要な部分だけにかかるよう設定していきます。

            4. 重ねた方の動画の設定で「マスク」を選択

            まずはいったんトップの編集画面に戻りましょう(画面左下の「<<」「<」で戻れます)。今からはめ込み合成で追加した、上に重ねている動画の設定を変更していきますよ。

            画面下にツールバーが表示されたら、左の方へスクロール。

            「マスク」をタップしてください。

            いろいろな形が表示されるかと思うので、モザイクにしたい形を選びましょう。

            今回は人の顔にモザイクをかけたいので「サーク」をタップします。


            参考元https://view.cafe/snsmovielabo/55704

             

            プレビュー画面を確認すると、モザイクが円形になっています。


            参考元https://view.cafe/snsmovielabo/55704

            5. 「サークル」を選択し大きさや位置を設定する

            最後にモザイクの大きさや位置を設定しましょう。

            モザイクの大きさはプレビュー画面で直接できます。

            下の画像のように、「←→」このマークを移動させながら円の形や大きさを調節してください。


            参考元https://view.cafe/snsmovielabo/55704

             


            参考元https://view.cafe/snsmovielabo/55704

            モザイクの位置は、サークルの中心に指を合わせて動かすと移動できます。

             

            参考元https://view.cafe/snsmovielabo/55704

             

            文字入れができない場合どうすればいい?

            現在調査中です。

            分かり次第記載していきます。

             tiktokに文字入れする方法は?

            ①TikTokで文字入れは、Aaの部分をタップすると文字編集ができるようになります。


            参考元https://laurier.excite.co.jp/i/Apptopi_219295

            ②Tiktokでフォントを編集


            参考元https://laurier.excite.co.jp/i/Apptopi_219295

             

            フォントの編集は文字入れの画面からできます!

            ③TikTokで文字色を編集


            参考元https://laurier.excite.co.jp/i/Apptopi_219295

            背景色を決定


            参考元https://laurier.excite.co.jp/i/Apptopi_219295

            ④TikTokで文字の表示時間設定を編集


            参考元https://laurier.excite.co.jp/i/Apptopi_219295

            次にステッカーの表示時間を設定をタップ


            参考元https://laurier.excite.co.jp/i/Apptopi_219295

            文字の位置を調整


            参考元https://laurier.excite.co.jp/i/Apptopi_219295

            最初と最後を調整


            参考元https://laurier.excite.co.jp/i/Apptopi_219295

            という工程です。

             

            歌詞動画に文字入れする方法は?

            パソコンで歌詞 (キャプション)の入力. 動画内に歌詞などの字幕をつけるには「ホーム」メニュー内にある「キャプション」を使います。

            すると画像の上にテキスト入力エリアが重なって表示され、ここに歌詞を書き込みます。

            Enterキーを押すと文章が改行してしまいますので、マウスで何もないところを適当にクリックして確定してください。.

            このとき表示される文字の枠線をドラッグすることで入力ボックスの位置や大きさを変更することが出来ます。

            参考元https://utattemita.dtm-hyper.com/

            また、有料・無料のソフトで動画文字入れができます。

            おすすめのソフトは、

            • Wondershare Filmora
            • Windowsムービーメーカー
            • MovieStudio
            • Adobe Premiere Elements
            • PowerDirector

            となっています。

            参考元https://filmora.wondershare.jp/video-editing-tips/best-software-for-adding-text-into-video.html

             

            タイピング風テキストにする方法は?

            タイピング風テキストにする方法については、動画をぜひ参考にしてみて下さい。

            分かりやすいと思います。

            まとめ

            capcutの文字入れを透明にする方法は?縦書きや手書き・文字の動かし方を紹介!について紹介していきました。

            いかがだったでしょうか。

            動画を見ながら作業すると効率よくできると思います。

            ぜひ、capcutで楽しい作品を生み出してください。

             

             

            error: Content is protected !!