capcut dvdに焼く方法は?保存の仕方(方法)や形式や保存できない場合の対処法は?

Pocket

この記事では、capcut dvdに焼く方法は?保存の仕方(方法)や形式や保存できない場合の対処法は?について紹介していきます。

CapCutとは. CapCut(キャップカット)は、Bytedance株式会社(バイトダンス)が提供する動画編集アプリです。

CapCutを使えば、動画にBGMや効果音を入れたり、文字を入れたり、静止画だけを並べて動画にすることもできます。

基本的な編集機能にしっかり対応していて、使い勝手も良く初心者にも使いやすいアプリです。

今回は、capcut dvdに焼く方法に注目していきます。

capcut dvdに焼く方法は?保存の仕方(方法)や形式や保存できない場合の対処法は?について知りたい方は、お見逃しなく!

文字の入れ方についてはこちらから>>

capcut dvdに焼く方法は?

capcut dvdに焼く方法について見ていきます。

iPhone動画をDVDに焼くなら、「iSkysoft DVD Burner for Mac 」で高速高品質でDVDを作成できます。

このソフトはDVD作成のほかに、動画編集とDVDメニューの機能もあります。

操作としては、作成設定からはじめます。

まず作成タブをクリック、すると作成設定の画面を切り替わります。


参考元https://www.iskysoft.jp/dvd-bunner-mac/user-guide.html

 

 

1.「ディスクに作成」:ファイルを直接DVDに焼きます。

2.「DVDフォルダーとして保存」:DVDのビデオファイルは、メディアプレーヤーが直接再生できます。

異なる種類のファイルはディスクのDVDフォルダに保存されます。

3.「ISOとして保存」:まずファイルをISOファイルとしてPCに保存します。

それから、ISOファイルをOS自体のエンジンでDVDに書き込みます。

4.「DVDメディアとして保存」:メディアとしてPCに保存し、保存したデータはDVD プレーヤーで再生可能となります。

 

 

 

ネット上では、プロに依頼してcapcut動画を dvdに焼く方が多いようです。

手間と失敗を考えると懸命な選択かも知れません。

参考元https://sumahosupportline.com/how-to-use-capcut/

capcut保存の仕方は?

Capcutをインストールしたら、動画の編集画面の右上にでる上向きの矢印アイコンをタップします。


参考元https://japanese-photographer.com/information_technology/capcut-save/

CapCutの動画保存オプションが表示されます。


参考元https://japanese-photographer.com/information_technology/capcut-save/

保存オプション

①解像度:480p、720p、1080p
②フレームレート:24、25、30、50、60

画面下部の「エクスポート」をタップしましょう。

動画のサイズが大きい場合、動画の保存に時間がかかる場合があります。

保存中は、操作しないでください。

動画の保存中にアプリを閉じたりすると、エラーが表示され動画が正常に保存されない場合があります。

動画の保存オプション

CapCutで動画を保存する際に表示される「解像度」・「フレームレート」について見ていきます。

 

解像度とは?

動画が表示されるサイズのことです。

数値が大きいほど、大画面で見ても元の映像が引き延ばされず鮮明に見えるのが高解像度の映像です。

 

ちなみに解像度は以下のように表現されることがあります。

解像度の表記

 

  • 2160p:4k
  • 1440p:2k
  • 1080p:フルHD
  • 720p:HD
  • 480p:SD

最低720p~と覚えておきましょう。

Youtubeに投稿を予定している場合は、1080pがおススメの解像度です。

 

高解像度はファイルサイズが大きくなるので、注意が必要です。

 

動画の保存オプションで高解像度を指定すると、書き出される動画のファイルサイズが大きくなるという仕組みです。

 

保存前にスマホの容量を確認し、動画の保存作業を行いましょう。

フレームレートってとは?

映像はイラストで作る、パラパラ漫画のようなものだと考えましょう。

1秒間に何枚の映像を使うかが、フレームレートです。

フレームレートが30の場合、1秒間間に30枚の画像が使われます。

フレームレートの値が大きいほど、動画がヌルヌルした仕上がりになります。

反対にフレームレートが小さい値だと、カクカクした映像になります。

馴染みのあるフレームは、次のとおりです。

  • テレビのフレームレート:30
  • 映画のフレームレート: 24

 

フレームレートはfpsと記載されることもあり、fpsはframes per secondの略、1秒当たりのコマ数を現しています。

 

フレームレートは大きいことによるデメリット

動画のファイルサイズが大きくなるというデメリットがあります。

30fpと60fpsを比較すると、1秒間に必要な素材が単純に倍になり、容量もおよそ倍になるのです。

 

capcut保存したら文字が消える?

capcutで文字入れ動画を作って保存したら一部の文字が消えるという現象がおこっているようです。

その場合には、MEITUかVITAをかわりに使用する方が良いようです。

保存すると音がずれる?

保存すると音がずれる場合もあるようです。

工程としては、

です。

声を消す方法はある?

信頼性の高い映画・動画の音声分離ソフト「Filmora9(フィモーラ9)」(Windows版)で動画から音声を削除したり、音声から不要な部分をカットすることができるようです。

 

WindowsとMacの両方のバージョンが用意されているので、コンピューターシステムに応じて適切なバージョンをダウンロードします。

映像・動画から音声を削除する方法

STEP 1 ビデオファイルをインポート
まずは「Filmora9(フィモーラ9)」をインストールして起動してください!

「インポート」ボタンをクリックするかまたはドラッグ&ドロップで編集したいビデオを追加します。

 

追加されたすべてのビデオクリップは、右側の図に示すようにメディアライブラリに表示されます。

それから、編集したいビデオをタイムラインにドラッグ&ドロップします。


参考元https://filmora.wondershare.jp/video-editing/remove-sound-from-video.html

 

STEP 2 動画から音声を消す

タイムラインパネルにメディアライブラリからビデオをドラッグします。

ビデオを右クリックして、「オーディオを分離する」を選択します。

ビデオとオーディオの両方はビデオとオーディオのラインで別々に表示されます。

それから、分離したオーディオを右クリックで、「削除」「カット」を選択し、音楽を削除できます。


参考元https://filmora.wondershare.jp/video-editing/remove-sound-from-video.html

 

音楽から一部分をカットして、新しい音楽を追加する方法

赤色の棒(時間インジケータ)をドラッグして、分割したいところに移動させて、上の剪みをクリックして、二つに分割できます。

それから、「ゴミ箱」クリックで不要な部分をカットします。

最後は新しい曲を音楽ラインにドラッグします。

STEP 3 編集した動画を保存と共有


参考元https://filmora.wondershare.jp/video-editing/remove-sound-from-video.html

内容を確認して編集したムービーをプレビューします。

その後iPhone、iPod、PSP等に保存します。

また、それをより多くの友達とオンラインで共有したい場合はYouTubeにアップロードすることができます。

また、DVDに焼いてDVDプレーヤーで再生することもできます。

DVDに編集したビデオを保存したい場合、WindowsとMacの両方のバージョンを持っている「Filmora9(フィモーラ9)」は、DVDにすべてのビデオの書き込みをアシストする良い選択肢です。

 

参考元https://filmora.wondershare.jp/video-editing/remove-sound-from-video.html

 

capcut保存できない場合の対処法は?

Capcutでは、一時的なエラーやCapcut側のエラーに加えて、様々な理由で編集した動画が保存出来ないケースがあります。

では、対処法を説明していきます。

容量のチェック

動画を保存する前に、保存しようとしている動画の保存容量をチェックしてみましょう。


参考元https://app-story.net/capcut-can-not-save-movie/

 

保存容量をどれくらい圧迫するかチェックできます。

デバイスの残り容量をどれくらい減らすかチェックすることが可能です。

編集した動画の容量の目安は、アイコンから飛んだページでチェックできます。


参考元https://app-story.net/capcut-can-not-save-movie/

容量が大きすぎるようなら、編集した動画の画質を下げても良いでしょう。

解像度のバーを下げることで画質を下げてファイルサイズを下げることができます。

電波状況の改善をする

電波状況が極端に悪いと、Capcutのデータが正常に保存されない可能性が高くなります。

工程としては、

  • ルーターの再起動をする
  • ルーターを家電の近くから離す
  • 窓や扉を開ける
  • 電波状態の悪い場所から移動する
  • セキュリティ対策ソフトの設定を見直す
  • 時間を置く
  • Wi-Fiやモバイルデータ通信が通信制限を受けていないかチェックする

です。

 

なお、利用しているネットワークでエリア障害が発生しているとき、通信制限を受けているときは、時間の経過で自然に状況が改善するケースもあります。

ただし、通信制限は契約によっては数日~1ヶ月程度の時間を要する可能性もあります。

 

そのため、Wi-Fiで通信制限が発生したら、モバイルデータ通信に切り替える、モバイルデータ通信で通信制限が発生したら、Wi-Fiに切り替えるなどの対処を行うと良いでしょう。

 

端末の容量を減らす

端末の容量がいっぱいだと、Capcutで編集した動画を保存出来なくなります。

端末の容量を減らすには、データ(特に動画)の削除やアプリのアンインストールなどの方法があります。

再度保存する

再度保存作業を行うことで問題なく保存出来る可能性もあります。

15分までしか保存できない

Capcutは15分までしか保存できません。

動画を編集・カットして15分までに収めるか、何本かに分けて保存すると良いでしょう。

CPUの負担を減らす

減らす方法は、

  • デバイスの再起動をする
  • 不要なバックグラウンドアプリアプリの強制終了
  • 不要なブラウザやタブを閉じる

です。

 

アプリのアップデートをする

アプリのバージョンが古いことが原因なら、アプリのアップデートで解決する可能性が高いです。

アプリとデバイスの再起動をする

一時的なアプリのエラーであれば、アプリとデバイスの再起動で解決する可能性もあります。

再インストール

Capcutのデータそのものに破損があることが原因で、編集した動画を保存出来ない可能性があります。

これが原因であるときは、Capcutを一度アンインストールして再インストールすることで解決する可能性が高いです。

時間を置く

Capcutの一時的なエラーであれば、その問題が解決するまで時間を置くことで解決することもあります。

参考元https://app-story.net/capcut-can-not-save-movie/

 

capcut保存先は?

CapCut(キャップカット)で動画を編集しエクスポートを実行すると、以下の2箇所に保存されます。

保存先は、

  • デバイス(iPhoneの場合はカメラロールのビデオアルバム)
  • CapCutのアプリ上(プロジェクト)

です。

 

 

参考元https://downtownreport.net/app/capcut-export-hozonsaki-folder/

 

保存先の変更は?

CapCut(キャップカット)で編集した動画を保存する際、保存先を選んで動画を保存することもできます。

自分で保存先を選択する場合でも、デバイスとプロジェクトには自動的に保存されるようになっています。

それでは、実際にアプリを操作して確認していきます。

1.エクスポートの完了画面で、「…」(その他)のボタンをタップします。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-export-hozonsaki-folder/

2.画面下部から下の画像のようにメニューが表示されます。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-export-hozonsaki-folder/

保存可能なアプリやアルバムなどが表示されるので、保存したい場所を選んでタップすれば、任意の保存先へ動画を保存することができます。

 

DropBoxなどのファイルアプリやPinterestなどのアプリがインストールされている場合は、それらも保存先の候補として表示されることがあります。

 

保存時間はあるの?

現在調査中です。

分かり次第記載していきます。

保存容量はある?

動画は1秒間に30枚~60枚といった画像が連続で表示されて動いているようです。

枚数が多ければ多いほど動画は滑らかに動きます。

CapCutでは24~60枚まで選択することができ、多ければ多いほど滑らかに動きますが容量は大きくなります。

参考元https://yupi-yupi-blog.com/capcut-syosinsyamuke/

capcut保存形式は?

Capcutは、MOV(クイックタイムムービー形式)で保存されます。

 

capcut途中保存(一時保存)できる?

CapCutは作成中の動画を保存できます。

①「×」ボタンをタップして保存する方法
②エクスポートして保存する方法

の二つの方法があります。

それぞれ順にご紹介します。

「×」ボタンをタップして保存する方法

動画の編集画面で「×」ボタンをタップして編集を終了すると、自動的にCapCutのアプリ上に作成途中の動画が保存されます。

 

画像で詳しく解説

1.「新しいプロジェクト」をタップします。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-totyu-hozon/

2.動画を選択し、「追加」をタップします。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-totyu-hozon/

 

3.動画を編集し、画面左上の「×」をタップして編集を終了します。

今回は、スタンプを一つ押した状態で編集を中断します。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-totyu-hozon/

CapCutのホーム画面に戻り、「プロジェクトに保存済み」と表示されました。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-totyu-hozon/

作成途中の動画が本当に保存されているかどうか、確認します。

先ほど自動的に保存された動画をタップします。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-totyu-hozon/

動画の編集画面が表示されました。

先ほど追加したスタンプが反映されていることが確認できました。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-totyu-hozon/

エクスポートして保存する方法

動画をエクスポートして保存することも可能です。

 

画像で詳しく解説

1.動画を編集後、画面右上の上矢印ボタンをタップして動画をエクスポートします。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-totyu-hozon/

2.「完了」をタップします。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-totyu-hozon/

これで、動画のエクスポートが完了しました。

CapCutのホーム画面を確認すると、先ほど作成した動画が保存されていることが確認できました。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-totyu-hozon/

動画をタップして編集画面を開いたところ、スタンプが反映されていることが確認できました。


参考元https://downtownreport.net/app/capcut-totyu-hozon/

また、エクスポートをして保存すると、CapCutのアプリ上だけでなく端末のフォルダ(iPhoneならカメラロール)に自動的に保存されます。

 

まとめ

capcut dvdに焼く方法は?保存の仕方(方法)や形式や保存できない場合の対処法は?について紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

Capcutdvdに焼く方法は、人それぞれ、プロにお任せするのも良いようです。

ぜひ、Capcutを試してみて下さい!

error: Content is protected !!