天舞紀の感想は面白いのか、口コミ評判による評価!

Pocket

この記事では、ドラマ『天舞紀』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価について紹介していきます。

 

中国ドラマ『天舞紀』は、敵対する種族同士の許されない愛を描いた胸キュン学園ファンタジー時代劇です。

 

李玄(り・げん)役を演じるのは、ドラマ「エイラク」に出演した シュー・カイ—(許凱)さん、蘇猶憐(そ・ゆうれん)役を演じるのは、ドラマ「九州縹緲録~宿命を継ぐ者~」に出演したウー・ジアイー(呉佳怡)さんとなっています。

 

また、雲杉(沙国の王女)役には、ドラマ「终极笔记」に出演したハニー・コーズ―(哈妮克孜)さんが名を連ねます。

 

さらに、脇を固めるイケメン男優たちからも目が離せません。

 

その恋愛、感動シーンが満載、何度ももらい泣きしてしまいます。

 

涙あり、感動あり・・・のラブストーリーも必見の学園ドラマ。これはキュンキュンものです。

 

参考元https://www.lala.tv/programs/tenbuki/

 

それでは、中国ドラマ『天舞紀』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

中国ドラマ『天舞紀』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

人族と昆吾(こんご)族が共存していた頃、人族が昆吾族(こんごぞく)を襲い、昆吾族の王である龍皇(りゅうこう)やその妹・青笙(せいせい)、聖女・九霊児(きゅうれいじ)が犠牲になり、昆吾族は人族に虐待されるようになるのです。

 

人族の護国師(ごこくし)紫極(し・きょく)は昆吾族の長龍皇(りゅうこう)を氷で封印。

 

昆吾族の聖女・九霊児は10年後に龍皇が復活し、人族を滅ぼすと宣言し亡くなります。

 

10年後、予言通りになることに備え、学校を開き、優秀な人材を募集、昆吾族の母を紫極に殺された李玄(り・げん)は過去の記憶を消され紫極の弟子として摩雲(まうん)書院で学ぶことに。

 

そこへ九霊児の妹蘇猶憐(そ・ゆうれん)が龍皇の復活に際し準備を整えるため、身分を隠し人族のふりをして入学します。

 

しかし、その本来の目的は、龍皇救出だったのです。

 

ところが、護国師である李玄に惹かれ始めてしまいます。

 

人族を滅ぼすべく人族の学校に潜入した昆吾族の聖女と人族を護る使命を持つ青年の運命は…???

 

この先の展開から、目が離せません。

 

参考元https://kankokudoramaarasuji.com/tenbuki-arasuji-zenwa/
参考元https://www.lala.tv/programs/tenbuki/episodelist.html

 

キャストの感想

 

シューカイさん人気ですね。

リー・ジュンチェンさんに魅了されています。

 

面白いの感想

 

ハッピーエンド!

 

楽しめたそうです!

好評価!

素晴らしいですね!

面白くないの感想

 

嫌われるほど女主が熱演だったと言えますね!

感情移入できないようです。

面白くないというより、好みの問題ですね。

それでも、とにかく、キュンキュンもらい泣きする場面が多いようです。

中国ドラマ全28話の作品ですが、

毎回楽しみに見られるドラマのようです。

 

中国ドラマ『天舞紀』感想・評価まとめ

中国ドラマ『天舞紀』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました

いかがだったでしょうか。

人族の次期・護国師であるやんちゃな李玄と身分を隠して潜入した蘇猶憐の掛け合いに萌えること必須!

一筋縄ではいかない王道の胸キュンラブストーリー。

次第に優しい笑顔を見せかわいい李玄の変貌ぶりにメロメロ!

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。

error: Content is protected !!