P1Harmonyの名前の由来は?人気曲は?映画があるの?

Pocket

この記事では、P1Harmonyの名前の由来は?人気曲は?映画があるの?について紹介していきます。

 

P1Harmony(ピーワンハーモニー)は、韓国の6人組男性アイドルグループ、2020年10月28日にEP『Disharmony: Stand Out』でデビューしています。

 

参考元https://ja.wikipedia.org/wiki/P1Harmony

 

P1Harmonyの名前の由来は?人気曲は?映画があるの?について知りたい方は、お見逃しなく!

P1Harmonyの名前の由来は?

P1Harmonyの名前の由来について見ていきます。

P1Harmonyとは?

2020年10月28日にEP『Disharmony: Stand Out』でデビューした6人組ボーイズアイドルグループです。

 

4人の韓国人メンバーであるテオさん・ジウンさん・インタクさん・ジョンソプさんと一人の日本人メンバーのソウルさん・カナダ出身のギホさんからなる平均年齢16.8歳ととてもとても若いグループとなっています。

 

ソウルさんのご両親は、お父さんが韓国人でお母さんが日本人です。

 

P1Harmonyのグループ名の由来は何?

P1Harmonyのグループの由来は、

  • グループ名:「Plus(プラス)」と「1」と「Harmony(調和)」を組み合わせた言葉

です。

その意味は、 チームに未知の一つが加わりハーモニーを作るということなのです。

未知の1には無限大の可能性が込められているってことにも解釈できますね。

 

参考元https://kban.me/article/22627

 

所属事務所はどこ?

所属事務所は,

  • 所属:FNCエンターテインメント

です。

 

P1Harmonyの人気曲は?

P1Harmonyの人気曲を紹介していきます。

 

デビュー曲「SIREN」

「I don’ wann be a loser Never give up」という歌詞は、筆者が直訳すると「負け犬にはならない、諦めない」という意味、新しい時代の幕開けのようなとても力強い曲ですね。

新人でありながら、もうその域を超えているとの声が目立ちます。

その実力の高さが評価されています。

 

「Intro; Breakthrough」

ラップがアクセントとなっているこの曲。

「Pain will be there no matter I try」という歌詞があります。

これは、筆者が直訳すると「どうあがいても痛みはそこにある。」という意味です。

歌詞については、こちらの動画を参考にしています。

 

「That’s It」

ラップメインのこの曲、ラップの合せたダンスにとても目が行きますね。

「Can’t hear a thing what you say Going on my way with two Great dance」という歌詞、筆者が直訳すると「あなたの言っている言葉ひとつも聞えない、この二つのすごいダンスと自分の道を歩んでいく。」という意味です。

 

P1Harmonyの映画が公開されたって本当?

 

『P1H:新しい世界の始まり』とは?

『P1H:新しい世界の始まり』とは、怒りと暴力性を極大化するウイルスにより、廃墟と化した世界を救うために、別次元に散らばった少年たちが集まって希望の星を探していく物語を描いたSFヒューマンドラマです。

「P1Harmony (ピーワンハーモニー)」の音楽的世界観を映画化したプロジェクトです。

 

参考元https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000541.000008260.html

 

どこで見れる?

韓国ボーイズグループ「P1Harmony」の世界観を描いた映画『P1H:新しい世界の始まり』のハイライト映像の独占無料配信が「GYAO!」で決定!

 

現在、映画『P1H:新しい世界の始まり』の独占無料配信は、GYAO!で見られます。

GYAO!は、こちら↓

https://gyao.yahoo.co.jp/episode/603756db-c21e-4b42-bcc0-2f336d1cb7c8

参考元https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000541.000008260.html

 

ぜひご覧下さい。

まとめ

P1Harmonyの名前の由来は?人気曲は?映画があるの?について紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

P1Harmonyの映画でコロナ禍の生活のうっぷんも晴らせそうですよ。

これからの活動も楽しみですね。

error: Content is protected !!