UWMA seriesの感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた!

Pocket

この記事では、タイドラマ『Until We Meet Again(UWMA series) ~運命の赤い糸~』の感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた!について紹介していきます。

 

タイドラマ『Until We Meet Again(UWMA series) ~運命の赤い糸~』は、パーム役のフルーク(ナタット・シリポントーン)さんとディーン役のオーム(ティティワット・リットプラスート)さんを主演に展開されるボーイズラブ、学園ストーリーです。

 

さらに、脇を固めるイケメン男優たちからも目が離せません。

その恋愛、感動シーンが満載、何度ももらい泣きしてしまいます。

涙あり、感動あり・・・のラブストーリーも必見のラブコメドラマ。これはキュンキュンものです。

それでは、タイドラマ『Until We Meet Again(UWMA series) ~運命の赤い糸~』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

UWMA series~運命の赤い糸~感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

大学に入学したパームは、知り合ったティームとマナウに誘われ、水泳部の入部テストを見学します。

そして、水泳部のキャプテンであるディーンを見た瞬間、胸にキューピットの矢が刺さったのです。

図らずも、ディーンもまた、水泳部の入部テストの見学に来ていたパームを見て、胸を熱くしていました。

ある日、合宿の買い出しに来ていたスーパーでパームとディーンは、ばったり出会い、また、パームが手作りお菓子を水泳部に差し入れし、それを気に入ったディーンが自身のSNSにその画像をアップし、パームとディーンの距離が一気に縮まります。

 

可愛い男子・パームと落ち着いたクール男子・ディーン。

 

ストーリーが進むにつれ、30年前に実在していた2人の男性がパームとディーンの運命を大きく左右している事が判明するのです。

 

彼らは、赤い糸で結ばれた運命の下に出会ったのです。

 

たとえその赤い糸が絡まっていても伸びたりしても決して壊れることがなく強く結ばれているから…

 

一言で伝わりますね!

かなりどっぷりつかっているようです。

キャストの感想

 

ブーン(ノッパナット・ガンタチャイ)さんが演じるウィンとプレム(ウォルート・チャワリットルティウォン)さん演じるティームさんも評判です。

 

面白いの感想

 

前世からのお話のようですね。

 

幸せ感じていらっしゃいます。

タイについて関心をもったようですね。

 

面白くないの感想

 

ドキッとするでしょうね。

面白くないというより、家族に見ていることがバレて困ったという感じです。

見つかったら、やはり…微妙でしょうね。

とにかく、キュンキュンもらい泣きする場面が多いようです。

タイドラマ全17話の作品ですが、

毎回楽しみに見られるドラマのようです。

 

UWMA series ~運命の赤い糸~感想・評価まとめ

タイドラマ『Until We Meet Again(UWMA series) ~運命の赤い糸~』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました

いかがだったでしょうか。

禁断のボーイズラブを公然とドラマにした

運命に翻弄される二人の波瀾万丈のラブストーリー。

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。

コメントを残す

error: Content is protected !!